足蹠多汗症 病気が原因の足汗

病気が原因の足汗

足汗 多汗症

足の裏には多くのエクリン腺がありますが、エクリン腺は主に精神的な要因で交感神経が活発になることによって汗を出します。

 

交換神経は自分でコントロールできませんので、暑くなくても意思とは関係なく足汗は出ます。

 

ただ、平常時にも多量の汗をかくことが多い場合は多汗症の可能性があります。

 

足の裏に汗をかくタイプの多汗症は、足蹠(そくせき)多汗症と呼ばれます。

 

多汗症としては、手のひらに汗をかくタイプ、顔に汗をかくタイプがなどありますが、汗が滴り落ちるということがないため、見た目にはわかりません。

 

ただ、放置しておくと、細菌が繁殖するために悪臭を放つようになったり、水虫になってしまったりするケースもあります。


足蹠多汗症の治療

足蹠多汗症が疑われる場合は、まず専門医の診断を受けます。

 

足蹠多汗症を治療する場合、ミョウバンや塩化アルミニウムの処方が安価のため一般的です。

 

ただ、足は普段靴下などを履いていて蒸れた状態にあることが多いため、なかなか効果が実感できない人も少なくないようです。

 

そこで、効果が実感しやすいということでボトックス注射を選択するケースも増えてきているようです。

 

ボトックス注射については、リスクが低くて効果も1年ほど持続しますが、かかる費用は少々高くなります。